司法書士の記述試験の解答用紙は大きい

スポンサードリンク

結構大きなサイズ

試験の問題用紙は冊子になっており、択一問題を解くにはその大きさは全く問題になりません。

しかし、解答用紙は厄介です。

択一問題はマークシート形式なのでこれも問題ありませんが、記述試験のほうが問題です。

机は結構スペースがいる

記述試験の解答用紙はかなり大きくなっています。これを広げてなおかつ問題用紙を置く、そして筆記用具もならべる(筆箱は使えません)。これが結構きついのです。

古い教室だとある意味はずれ

比較的新しくできた綺麗な教室なら、机も広めにできているので問題ありません。ところが古い教室だと、机が狭い上に、前の受験者との前後スペースがあまりないため、どっちにも解答用紙がはみ出してしまって非常にやりにくいです。

もしそんな状況になっても、適当に折るなりなんなりして(マークシートはダメ)、慌てず対処する必要があるでしょう。焦りだすと余計にぐちゃぐちゃになりますよ。

トップページ本試験の内容・風景 > 午後の記述の解答用紙は大きい