LEC択一データファイリングレジュメのレビュー

スポンサードリンク

合う人には合う教材だけど

初回の受験が終わってしばらくしてからLECの講座を受けてみようとして失敗したことを書きましたが、その残骸?とも言えるレジュメについてのお話です。

択一データファイリングの特徴と言うか全てはこのレジュメに凝縮されています。講義うんぬんはなくても何とかなりそうなほどの教材です。レジュメというか膨大な資料といったほうがしっくりきます。

テキスト形式のようにお話のように記述が展開していきません。淡々と論点と条文とそれに関した解説と表。これが延々と続きます。カラーは黒の1色刷り。びっちりと書かれており、これをまともに読みこなすのは無茶苦茶骨が折れます。

でもこれを理解できたら確実に合格すると想像してしまいます。でもやっぱり無理。そんな脳内でした。

結局ビデオ講義を半分寝ながら3ヶ月ほどで聞き流した結果、ほとんど何も知識が身につかず膨大なレジュメだけが手元に残ったわけです。

でも30万円ほど投資したのですからさすがにこのレジュメを利用しない手はありません。これを独学の教材にしてしまえばいいと考えました。

いっそのことこれをメインに学習しようかとも考えましたがすぐに止めました。この教材は調べものか弱点補強にしか使えないと感じたからです。この当時の私のように基礎知識が中途半端な人間に、このように整然と整理された知識は逆に頭に入ってきません。分かってはいるけど理解しきれていない、何度問われても同じところ間違ってしまう、そんな人や苦手分野の克服に向いた教材です。

読み進めてみても一向に頭に入らずお蔵入りの結果となりました。悪いことしか書いていないように見えるでしょうが、何もこの講座と教材を批判しているわけではありません。相当使う人を選ぶ教材である、ということをいいたいだけです。少なくとも私のような人間が使うと何の意味もないということです。

レジュメ販売を利用しよう

ちょっとこのレジュメ使いたいなあ、と感じた人は今はついています。以前はLECのレジュメ、テキストは講座受講者にしか販売、提供されませんでしたが、今は誰でも購入することができます。もちろん最新版。

しかも科目ごとに購入できるので、この択一データファイリング講座に関してはぴったりです。知識が横断的に覚えられず、何かまとまった教材・資料が欲しい場合に科目単位で購入することでいい補強材料になります。弱点克服にはちょうどいいものと思います。

択一データファイリング(レジュメのみ)

トップページ1年目に使用した教材 > LEC択一データファイリングレジュメ