合格確実者でも落ちる本試験

スポンサードリンク

記述にはまる

司法書士試験の模試等で、かなりの上位にいて、基礎もバッチリ、という合格ほぼ確実とも言えるような受験生でさえ、7月の本試験ではあっさりと落ちてしまうことがあります。

これは主に、択一で落とすというより記述、もしくは時間配分等にはまってしまうためのようです。

模試等で完璧にできていたのに、ちょっとしたことでズレが起きると、こんなはずじゃないと完全な解答を求めてしまい、時間配分に失敗したりします。

また、記述試験で勘違い、早とちりをしてしまい、足きりに合ってしまう。

とにかく本試験では、絶対がないと言えるようです。ボーダーラインの受験生の方が、案外と合格したりしているようです。

相性と運は相当影響する

それに、問題の合う合わないも大きく関係します。

得意な分野が集まって出題することもあれば、どうにも苦手な分野ばかり出題されることもあります。

そのため、本試験のときだけボロボロなんてこともあります。

とにかく勉強をすることが合格への近道なのは当然なのですが、やはり運も必要であるというのが合格者の意見のようです。

トップページ難しいところ > 合格確実者でも落ちる本試験