覚える→忘れるの繰り返しが難しい

スポンサードリンク

暗記だけでいける試験??

司法書士試験は難易度が高い試験とは言われていますが、試験の性格は他の難関試験と違い、暗記による部分が多いとされています。

そのため、暗記さえすれば、何とかいいところまでいけるとも言われます。段々とそうは行かなくなっているようですが、確かに暗記でゴリ押しすれば、ある程度はいけそうな感じがします。

ただ、やってみると分かるのが、とにかく覚えたことがいつの間にか曖昧になり、そして間が開きすぎると忘れてしまいます。

短期間に繰り返して覚えこむ!!

これを防ぐには、同じテキストや問題集を繰り返し、短期間に回すことです。

でもこれがかなり精神的にしんどくて長続きしません。専門受験生でさえこれなので、働きながらだと、この短期間に回すのがかなり困難になります。

ある科目や単元ばかり集中的にやりすぎると、その科目や単元は良くても、他のものが疎かになり、結局本試験でそこでの失点が痛手となることも想像できます。

もちろん理解することが試験合格に重要なのでしょうが、条文そのものの暗記は必ず必要になってきます。

このジレンマをいかに克服していくのか?

これが司法書士試験の難しさの一つなように思います。

トップページ難しいところ > 覚える→忘れるの繰り返しが難しい